OWS 特定非営利活動法人 OWS
ニュースレター メンバー登録 お問い合わせ
HOME


 

 
ミッドウェイでは、約15種のウミドリ、200種以上の魚類、海棲哺乳類などを身近に観察することができます。中には絶滅の危機に瀕している希少動物やハワイの固有種も見ることができます。
 
 ミッドウェイで見られる主な野生生物
 
コアホウドリ Laysan albatross
コアホウドリは、翼開長200センチを超える大型のアホウドリの仲間。小笠原諸島でも少数繁殖していますがミッドウェイにおいては、全世界の75%以上、約80万羽が集まる世界一の繁殖地とされています。11月に繁殖のため島に戻り、12月に一卵を産み2ヶ月後の孵化を経て、6月〜7月の巣立まで、島はコアホウドリでうめつくされます。
 
クロアシアホウドリ Black-footed albatross
ミッドウェイには約36,000羽がやってきます。数ではコアホウドリに圧倒されますが、おっとりしたコアホウドリに比べて、気性が荒く野性的。伊豆諸島の鳥島や小笠原諸島でも繁殖しています。ミッドウェイは世界で2番目に大きい繁殖地となっています。繁殖時期は、コアホウドリと同じです。
 
アホウドリ Short-tailed albatross
1970年代には絶滅したと考えられ、その後、伊豆諸島の鳥島で発見され手厚く保護政策がとられている希少種で日本の特別天然記念物。OWSの長谷川博会長の保護・研究が世界的に有名で注目を集めています。ミッドウェイにはここ数年3〜4羽が飛来するが繁殖には至っていません。
 
シロアジサシ White tern
約15,000羽が棲息しています。全身純白のとても美しいアジサシです。つぶらな瞳に黒いクチバシ。よく見るとくちばしの付け根は濃いブルーになっています。巣は作らず木の枝の平らな部分や木のまたなどに直接卵を産みます。そこで育つヒナは、落ちないように鋭いツメを持っています。見られる時期:通年
 
クロアジサシ Brown noddy

約2000羽が棲息しています。全身がコゲ茶色で前頭部が白いアジサシです。地面に卵を産み、海辺でよく見られます。求愛行動のとき頭をうなずくように振るところからNoddy(うなずくという意)と名づけられています。見られる時期:通年

 
セグロアジサシ Sooty tern

約9万羽が棲息しています。白と黒のコントラストがきれいなアジサシ。産卵期の6月〜7月にはクロアジサシ同様地面に卵を産み、ヒトが卵に近寄ると頭上から威嚇します。イースタン島ではたくさんのセグロアジサシを空と地面で観察することができます。見られる時期:3月〜9月

 
アカオネッタイチョウ Red-tailed tropicbird

約1万羽が棲息しています。飛んでいる姿は鮮やかな白い体に見えますが、翼には黒い斑があり、真っ赤なくちばしと30cmもある細く長い尾羽が特徴的です。クサトベラの茂みの中や大きな木の根元に巣を作ります。船乗りには「ボースン・バード」と呼ばれています。ミッドウェイはハワイ諸島の中で2番目に大きな繁殖地です。見られる時期:通年

 
オオグンカンドリ Great frigatebird

約200羽が棲息しています。大きな黒い体は名前に負けず威嚇的。オスは全身黒くのど元に赤い袋がついており、繁殖時期(3月〜4月)にのみ膨らませて求愛行動をとります。メスは胸元が白く目の周りが赤い。この鳥は他の種類の鳥を襲ってエサを奪うので「イワ」(ハワイ語で「泥棒」)と呼ばれています。イースタン島にのみ棲息しています。見られる時期:2月〜11月

 
アカアシカツオドリ Red-footed booby

約1500羽が棲息しています。白い体に翼の先だけが黒、くちばしは薄いブルー、くちばしの付け根がうっすらとした赤に真っ赤な脚。イースタン島ではなぜかオオグンカンドリと同じ木に営巣しています。カツオドリの中では最も小さく、水深10mまで潜ってエサを捕るといわれています。イースタン島のみ棲息しています。 見られる時期:1月〜10月

 
ハワイモンクアザラシ Hawaiian monk seal

北西ハワイ諸島に生息する絶滅危惧種でミッドウェイには約60頭棲息しています。天気の良い日には砂浜で日向ぼっこをしている姿があちらこちらで見られます。頭部の形がモンク(僧侶)に似ているとこらから名づけられました。見られる時期:通年

 
ハワイハシナガイルカ Hawaiian spinner dolphin

約200頭が環礁内に生息しています。昼間は環礁内で休息し、夜間に環礁外に出てエサを捕ります。細長いくちばしとほっそりした体型をもち、水面で華麗なスピンジャンプをすることで知られています。環礁内のボートには並走して遊びに来るフレンドリーなイルカです。見られる時期:通年

 
アオウミガメ Green sea turtle

ミッドウェイ環礁はアオウミガメの絶好の採餌場所とされています。港でも泳いでいる姿をよく観察することができ、天気の良い日は砂浜で日向ぼっこ(甲羅干し)をしている姿を見かけます。見られる時期:通年

 
 
Copyright© 2005-2007 The Oceanic Wildlife Society. All Rights Reserved.