OWS 特定非営利活動法人 OWS
ニュースレター メンバー登録 お問い合わせ
HOME



前のページにもどる
 
第3回
OWS「海のセミナー2005」
〜自然との共存を考える〜 レポート

2月26日(土)国立科学博物館新宿分館にて、「自然との共存を考える」を基調テーマに開催しました。
今回は二部構成となり、第一部では「野生を知る・守る」というテーマで国立科学博物館の山田格先生とOWS長谷川博会長、第二部では「自然との対峙」というテーマで元東邦大学教授秋山章男先生とOWS高砂淳二理事の4名による講演となりました。

第一部 野生を知る・守る
山田格先生の講演 「海の哺乳類を学ぶ」

日本近海の海棲哺乳類について解説され、またイルカ、クジラ類のストランディング調査の実態を1998年の山口県におけるツノシマクジラ、2002年のタイヘイヨウアカボウモドキ、そして本年2月の北海道羅臼のシャチの例を挙げて紹介されました。

 
長谷川博先生の講演 「アホウドリ再生計画」

絶滅寸前から復活に向けて歩みだしたアホウドリの歴史と鳥島での保護・研究活動が紹介されました。また、推定総数1650羽まで回復した現在、次のステップとして火山噴火のリスクを回避し、小笠原諸島に新繁殖地を形成する計画について解説されました。
第二部 自然との対峙
秋山章男先生の講演 「海を語るアーティストを目指して」

大学を退官した先生が、日々フィールドでの研究活動を続けつつ、海の自然や海辺の生きものをモチーフに絵画、彫刻、音楽と多彩な活動を地元の子どもたちとともに展開している様子がユーモアたっぷりに紹介されました。会場にも十数点が展示され、来場者の強い興味を引いていました。

 
高砂淳二氏の講演 「美しく繊細な自然を見て感じること」

前段では最近出かけたガラパゴス諸島の野生生物と水中の様子を、また後段では海に棲むさまざまな生きものたちを美しい写真で紹介し、種と進化の関係を氏独自の解説を加えながら、楽しく紹介されました。

   
司会は、昨年に引き続き小谷あゆみさん。軽快な口調で全体を明るく楽しくまとめてくださいました。
   
懇親会

懇親会では個別に踏み込んだ話も伺うことができました。
   
ロビーでの展示
 
講演者プロフィール
山田 格
国立科学博物館 動物研究部 動物第一研究室室長
1950年生まれ。東京大学大学院理学研究科修士課程修了、医学博士。専門は海棲哺乳類学、脊椎動物比較形態学。
主な著書(分担執筆)に『新潟の自然史-海から山まで』本間義治編、35-56(1992,新潟大学刊)、『国立科学博物館への招待』国立科学博物館編、脊椎動物の適応(1995,国立科学博物館)、『日本動物大百科2哺乳類U』粕谷俊雄編、56-59(1996,平凡社)。訳書に『ストランディングフィールドガイド 海の哺乳類』山田格、天野雅男監訳(1996,海游社)など。
   
長谷川 博
東邦大学 理学部教授 OWS会長
1948年静岡県生まれ。京都大学卒業。1976年から伊豆諸島鳥島に生息する絶滅危惧種アホウドリの保護・繁殖研究を続け、1998年吉川英治文化賞、2000年にはエジンバラ公賞などを受賞。「風にのれ!アホウドリ」「アホウドリ愛のシンフォニー」「50羽から5000羽へ」など著書多数。
   
秋山 章男
元東邦大学 理学部教授
1935年生まれ。千葉県一宮市在住。2003年3月、東邦大学教授を退職後、ウミガ メ、渡り鳥の研究を継続しながら、小学生〜教員まで幅広く自然観察の指導や各 地で講演を行っている。またバイオロジストからアーティストを目指し、絵画、 彫刻、クラフトなど海の生きものを素材とした創作活動に励む。
   
高砂 淳二
自然写真家 OWS理事
宇都宮大学在学中にオーストラリアを放浪し、ダイビングと写真に目覚める。卒業後、東京写真専門学校で写真を学び、ダイビング専門誌専属カメラマンを経て、89年に独立。地球全体をフィールドとして独自の視点でとらえた意欲作は高い評価を得ている。写真集「life」「free」「night rainbow」など多数。
   
 
 
前のページにもどる
 
 

 
Copyright© 2005-2007 The Oceanic Wildlife Society. All Rights Reserved.