OWS 特定非営利活動法人 OWS
ニュースレター メンバー登録 お問い合わせ
HOME



前のページにもどる
 
第4回  海のセミナー  国立科学博物館・OWS共催
「深海の神秘を探る。〜マッコウクジラが見る深海世界〜」

2007年2月17日(土)、国立科学博物館との共催で、深海をテーマに、海のセミナーを開催しました。
開催日の一週間前から受付を終了せざるを得ないほど、たくさんの方にご参加いただき、満席での開催になりました。
今年は、深海研究に携る三人の研究者、独立行政法人海洋研究開発機構のDhugal Lindsay氏、帝京科学大学の天野雅男氏、国立科学博物館の窪寺恒己氏に、深海生物とその繋がりについて、最新の研究成果を交えてご紹介いただきました。

 ■講演 1  Dhugal Lindsay ドゥーグル・リンズィー氏の講演 
「深海生物の研究にはカメラは欠かせない! ─深海生物の素顔─

壊れやすい深海生物と、それを捉えるために開発された最新の撮影技術について、美しい映像と俳句を織り交ぜながら、楽しくご紹介いただきました。深海でマネキンや冷蔵庫などが見つかったというお話に、会場から驚きの声が上がりました。

 ■講演 2  天野 雅男氏の講演
「マッコウクジラは深海で何をしているのか」

マッコウクジラに取り付けた小さなデータロガー、そのデータ解析により明らかになってきたマッコウクジラの深海での行動や水面近くでの睡眠行動などについて詳しくお話いただきました。

 
 ■講演 3  窪寺 恒己氏の講演
「マッコウクジラが捕食する大型イカ類」

マッコウクジラが捕食する深海の大型イカ類と、窪寺氏が世界で初めて生きた姿の撮影に成功されたダイオウイカについてご紹介いただきました。ユーモアあふれるお話に惹きつけられ、ダイオウイカの捕獲に成功した映像が披露された時には会場が沸きあがりました。

   
司会

3年連続で司会を務めてくださった、アナウンサーの小谷あゆみさん。
和やかな雰囲気とスムーズな進行で、会場を盛り上げてくださいました。
   
閉会

長谷川博OWS会長の挨拶で海のセミナーの幕を閉じました。
   
懇親会

セミナー終了後の懇親会には約50名が参加し、アットホームな雰囲気で、親睦を深めることができました。
   
ボランティアスタッフ

メンバーを含め30名を越えるボランティアの方々にご協力いただきました。講演者の皆さまをはじめ、開催場所ともなった国立科学博物館のスタッフの皆さま、ボランティアとして参加してくださった皆さま、ご協力ありがとうございました。
 
講演者プロフィール
Dhugal Lindsay
独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC) 研究員
1971年オーストラリアクイーンズランド州生まれ。クイーンズランド大学理学部及び文学部在学中、慶応義塾大学に交換留学し、日本語の俳句を作句し始める。1993年東京大学大学院入学、同大水圏生物学博士号取得。現在、JAMSTEC 海洋生態・環境研究プログラム研究員として、主に有人潜水船や無人探査機等を使用し、クラゲ類を中心に深海生物の調査研究を行っている。横浜市立大学助教授、クイーンズランド大学主任講師兼任。
   
天野 雅男
帝京科学大学 助教授
1962年大阪府豊中市生まれ。京都大学理学部在学中、3年間山でクマを探したあげく、イルカの研究を思い立つ。同大大学院にて、ネズミイルカ科の頭骨の地理的変異を研究し、博士号取得。日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学海洋研究所大槌臨海研究センター(岩手県)助手に就職。当地で漁獲されるイシイルカを調査。またストランディング個体の調査やデータロガーを使ったクジラ類の行動調査も始める。2006年より現職。
   
窪寺 恒己
国立科学博物館・動物研究部・動物第三研究室室長
1951年東京都中野生まれ。北海道大学水産学博士号取得後、米国オレゴン州立大学研究助手を経て、国立科学博物館研究官に就任。主に海産無脊椎動物(頭足類、棘皮動物、毛顎動物、動物プランクトンなど)の調査研究、標本収集・管理、教育普及活動を行う。著書に「日本近海産貝類図鑑:頭足類」など多数。2005年、世界で初めて生きているダイオウイカの撮影に成功し、英国学術誌Proceedings of the Royal Society Bから発表、世界中の注目を集める。
 
 
前のページにもどる
 
 

 
Copyright© 2005-2007 The Oceanic Wildlife Society. All Rights Reserved.