OWS 特定非営利活動法人 OWS
ニュースレター メンバー登録 お問い合わせ
HOME



前のページにもどる
 
第5回  海のセミナー
サンゴ礁保全と海洋保護区〜 生物多様性保全を考える 〜

2008年11月29日(土)
国立科学博物館にて開催

今回は、国際サンゴ礁年を締めくくり、来るべき2010年の国際生物多様性年に向け、サンゴ礁の多様な自然とその大切さを学び、そうした環境を育む海洋保護区の実現に向けたアプローチを3名の講演者に解説していただきました。

 ■講演 1   西平守孝氏の講演 
「サンゴ礁の自然をみつめて」

ある生物がいることで、他の生物もそこに棲むことができるという「棲み込み連鎖」について、高い種の多様性を持つサンゴ礁を例に解説されました。棲み場所を多様化するのは生物そのもの。楽しんでよく知って生かす…という保全への取組み方が提案されました。
 ■講演 2  キャサリン・ミュジック氏の講演
「山と海は恋人」

ご自身が暮らす沖縄の自然の美しい映像とともに海の恵みについて紹介され、人の生活の変化が海と陸に与えている悪影響、海がどれだけ危機に陥っているかという悲しい現実を前に「Everything is connecting everything. 皆でがんばりましょう。」と語られました。

 
 ■講演 3  向井 宏氏の講演
「海洋保護区をつくろう
  〜海の生物多様性保全に向けて〜」

水の循環のみならず砂の流れが山・川・海のつながりや生物の生息域の多様性を作ること、自然のままの海岸を守る重要性について解説されました。生物多様性保全のためには、一刻も早く広く漁民、市民の理解を得て、海洋保護区を設ける必要があるとお話しされました。

司会

田中洋行 (OWS正会員) 
NHK名古屋放送局アナウンス部
   

開会の挨拶

高砂淳二 (OWS理事) 
自然写真家

   

閉会の挨拶

倉沢栄一 (OWS理事)
自然写真家

   
ボランティア

会場設営や受付など、OWSメンバーをはじめ、たくさんのボランティアの方々にご協力いただきました。
 
講演者プロフィール
西平守孝 名桜大学特任教授

沖縄県石垣島出身。東北大学大学院理学研究科博士課程修了(理博)。サンゴ礁、海草藻場、マングローブ湿地などをフィールドに、生物や生物群集を観察。著書に、「サンゴ礁の渚を遊ぶ」、「日本の造礁サンゴ類」、「足場の生態学」など。東北大学を退官後、現職。東北大学名誉教授。
   

(c)Aya Higa
キャサリン ミュジック (日本名:水木桂子)
日本水中映像株式会社学術コンサルタント

アメリカ合衆国ミシガン州出身。マイアミ大学にて八放サンゴを研究し、理学博士号取得。1981年からサントリー生物有機科学研究所の研究員として沖縄のサンゴの研究を始め、2007年には沖縄県本部町に移住し、子どもたちのための環境教育施設「おたまじゃくし城」をつくるなど、環境教育に力を入れている。著書に、サンゴの絵本「エリセラさんご」など多数。
   
向井 宏
海の生き物を守る会代表
京都大学フィールド科学教育研究センター特任教授


広島大学大学院博士課程修了。東京大学海洋研究所、北海道大学理学部および北方生物圏フィールド科学センター厚岸臨海実験所に勤務。底生生物の生態学、藻場の群集生態学、森と海の相互作用などについて研究。2007年退職後、「海の生き物を守る会」を立ち上げる。北海道大学名誉教授。2008年10月から現職。
 
講演者の皆さまをはじめ、開催場所ともなった国立科学博物館のスタッフの皆さま、ボランティアとして参加してくださった皆さま、ご協力ありがとうございました。
 
前のページにもどる
 

 
Copyright© 2005-2007 The Oceanic Wildlife Society. All Rights Reserved.