海の環境NPO法人OWSによる「江奈湾(神奈川県三浦半島)干潟保全プロジェクトサイト」です。


プロジェクトについて

衰退する干潟 干潟保全の必要性

1945年に82,621haあった全国の干潟は、埋立てや護岸工事により、1996年には49,380haと、およそ50年で40%を消失し、大きく衰退したと推定されています(環境省基礎調査)。

とりわけ大都市近郊の干潟消失が著しく、大阪湾ではほぼ100%消失し、東京湾でも盤洲や三番瀬(千葉県)などわずかな干潟が残されただけです。

神奈川県においても同様で、後背地にヨシ群落を持つ自然干潟は、わずかに江奈湾、小網代湾の2ヶ所が現存するばかりです。

干潟の消失は干潟に生息する生物の消滅を意味するものであり、生物多様性の観点からも現存干潟の保全は喫緊の課題です。

OWSの取り組み

このプロジェクトは、NPO(OWS)が触媒となり、地元住民、研究者、学校、行政、漁協などの団体、企業等多様な主体が連携し、干潟生態系と生物多様性保全を図ろうというものです。

具体的には ゴミ回収や雑草刈りなどの保全活動(活動1)毎年春に行う干潟生物調査(活動2)年間を通して行う自然観察会(モニタリング)などの普及啓発活動(活動3) の3つを継続的、複合的に実施するものです。

こうした活動を通じて、干潟の生態的な役割と保全の必要性を広く訴え、保全に向けた流れを作ろうという取り組みです。

 

コンセプト図

保全活動「ゴミ回収活動」

調査活動「干潟生物調査」

普及啓発活動「観察会」

3つの課題

1.投棄ゴミ問題

江奈湾や毘沙門湾に面した三浦海岸から三崎までを結ぶ県道215号線は、夜間の交通量や通行する人も少ないため、ゴミの違法投棄が後を絶たちません。

投棄ゴミには、電化製品や自転車、タイヤ、ベッドなどあらゆるものが見つかっていますが、懸念されるものは、土壌消毒剤ジクロロプロペンなど残量のある劇物指定の農薬缶や車のオイル缶、注射針などの医療廃棄物などです。

残念なことにビニールハウスの廃棄物や飼料袋など地元の農業由来と思われるものもあり、農協などの関連団体への情報提供や協力依頼が必要です。

劇物指定農薬缶

医療廃棄物(血糖測定用穿刺針)

農業廃棄物

ソファーやベッドなど

タイヤ

パソコン、温水洗浄便座など

 

 

2.採集圧

今年実施した干潟生物調査では、予想以上の希少生物が確認できましたが、こうした情報に反応し、個人的な趣味で希少生物を採集する人が増える懸念も考えられます。

 

江奈湾は、面積が狭く生物群集サイズも限られたたいへんデリケートな生態系です。こうした場所では、少しの採集圧でも大きなダメージとなりうるため、何らかの対応が必要となります。

環境省による海洋生物のレッドリスト整備が始まるとのことですが、神奈川県においても、レッドリストの検討が早急に進むことを期待したいものです。

 

 

3.畑地の表土の流出と緑化

三浦半島南部は、丘陵一面に広がる農地を利用した畑作が盛んで、キャベツ、ダイコン、スイカ、カボチャ、メロンなどの産地として知られています。三浦市の農地面積は1200haで総面積の37%を超え、622haの山林に比べて大きな割合を占めています。

降雨により、畑から流出する表土は、涵養する森が少ないため、用水路や道路を流れ直接海に流入します。江奈湾では、干潟の数十メートル手前に沈砂池が設置されているものの、まとまった降雨時にはまったく機能していません。

今後、表土流出が干潟生態系にどのような影響をもたらしているのか調べていく必要があるでしょう。また、上流の一部に残された森の保全や畑地周辺の緑化なども課題と考えられます。